slide_case14_2

藍色の家


ストーリー
香芝市のシンボル「二上山」の麓。シンプルなデザインの外壁、藍色と白。そして庭のシンボルツリーと芝生の緑。
三色のコントラストが、どことなく、「心地良さ」を感じさせる棲家となりました。
室内は無垢フローリングの木の香りと、併設した和室からイグサの香りが広がるLDK。施主様のご希望で、「LDKは少しでも広く感じさせたい。和室を作りたい。」とのことで、LDKと和室を一つの空間とするだけでなく、広く感じていただけるよう、「抜け感」を考慮し、 ディティール各所に工夫をいたしました。
2階は逆に、周りの視線を「遮つ」ことを考え、バルコニーテラスを東面の道路と西面にそびえ立つオフィスからの視線を遮断できる位置に配置。プライバシー性を重視した設計になっております。

場所
香芝市良福寺
構造
木造軸組工法
階数
2階建て
間取り
4LDK 中2階
敷地面積
133.02m² (40.23坪)
延床面積
99.83m² (30.19坪)

slide_case14_3
slide_case14_7
slide_case14_5
slide_case14_10
slide_case14_12
slide_case14_11
slide_case14_15