slide_case11_1

Est-Est


ストーリー
頻繁に来客があるという施主様の為に「開いた住まい」をイメージしながらデザインいたしました。
大きな敷地を余すこと無く使ったプランニング、さらに大きな中庭を作って、外だけでなく中にも開く、インテリアとエクステリアのつながりを深めたプランが特徴です。
住まいの中心は、南面の明るさと眺望を最大限に享受できるリビングダイニング。そこに集う大家族と来客が談笑する風景のイメージから、住宅というよりは店舗のようなインテリアが生まれました。
1階は中庭を中心に回遊性をもたせることで、広い住まいにさらなる広がりを持たせています。南側のLDKの他に寝室やサニタリースペース、大きな収納スペース等、回遊性の中に機能性も織り織り交ぜてデザインだけでなく機能的な住まいとなっています。
2階には子供室をレイアウト。子供たちそれぞれに個性があるように、子供室の形にもさまざまなプランを用意し、子供たちのキャラクターに合わせたインテリアを提供いたしました。親子の絆を深めるスペースになります。
外壁仕上は金属版、左官材、木材をセレクト。各素材が持つ個性が混在しながらバランスを取ることで、個性と調和を意識したデザインを目指しました。照明デザインは特に注意して計画いたしました。建物夕景も街の風景となることで、黄昏時の安らぎを与えます。そして街区のシンボルとなり街の財産になる住まいになればと思っています。

場所
香芝市旭ヶ丘
構造
木造軸組工法
階数
2階建て
間取り
8LDK
敷地面積
364.53m² (110.27坪)
延床面積
221.78m² (67.08坪)

slide_case11_2
slide_case11_3
slide_case11_9
slide_case11_7
slide_case11_13
slide_case11_11
slide_case11_14